【PostgreSQL 】pgAdmin4を使ってカラムを追加する(ALTER TABLE ADD COLUMN)

実行環境

■PostgreSQL 12.3
■pgAdmin4

 

カラムを追加する

テーブルに新しいカラム(列)を追加する場合、次の書式を使用します。

ALTER TABLE テーブル名 ADD COLUMN カラム名 データ型;

 

サンプルコード

userテーブルの中に以下のデータを作成しました。

今回は、出身地を表す「hometown」というカラムを1つ追加したいと思います。

ALTER TABLE user ADD COLUMN hometown text; -- text型のhometownカラムをuserテーブルに追加

実行結果:

「hometown」というカラムが1つ追加されました。

このように、カラムを追加する場合には、「ALTER TABLE テーブル名 ADD COLUMN カラム名 データ型;」を使用します。

PostgreSQLでは、任意の位置にカラムを追加することができません。

任意の位置にカラムを追加したい場合には、一度テーブル全体を再作成して古いテーブルを削除する必要があります。

 

おすすめ書籍・Udemy

■おすすめ入門書①
スッキリわかるSQL入門 第2版 ドリル222問付き! (スッキリシリーズ)

■おすすめ入門書②
いちばんやさしい SQL 入門教室

■おすすめ入門書③
ゼロからわかる SQL超入門 (かんたんIT基礎講座)

 

■Udemyのおすすめ講座①
はじめてのテーブル設計・データベース設計

■Udemyのおすすめ講座②
3時間で学ぶ SQL ・データベース 超入門

■Udemyのおすすめ講座③
はじめてのSQL ・データ分析入門