理学療法士

【実践者が語る】失敗しない理学療法士転職の方法・コツ

理学療法士として働いているけど転職を考えている。

理学療法士として別の職場に転職したいけど失敗したくない。

 

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

理学療法士で転職を考えている方向け
・転職に失敗しないための思考法がわかる
・どのように転職活動を進めていけば良いかがわかる

 

本記事の信頼性

筆者の経歴:

理学療法士養成校卒業
→国立病院機構で理学療法士:2年
→民間急性期病院で理学療法士:2年6ヶ月
→IT会社でシステムエンジニア:9ヶ月
→現在、介護施設併設の訪問看護ステーションにて理学療法士として勤務

 

このように、私は国立病院や民間病院、一般会社への転職など今までに合計3回の転職をしています。

私自身、転職活動をするにあたり、多くの失敗をしてきました。

何度も失敗をする中で、現在はようやく自分の希望とする職場にたどり着くことができました。

この記事を読んでくださっているということは、これから転職を考えている、もしくはすでに転職活動をしている方だと思います。

実際、転職活動は結構疲れますし、失敗したくない気持ちは痛いほどわかります。

しかし、安心してください。

この記事を読み終える頃には、理学療法士としてどのように転職活動を行えば良いかがわかります。

それでは、前置きはこの辺にして、早速ご紹介していきます!

 

【理学療法士】失敗しない転職へのSTEP

STEP1: 自分の「人生の軸」を決める

まずは、理学療法士である前に自分自身の人生について深く考えましょう。

どんな人生を望むのか、どんな生き方をしていきたいのか。

自分の人生軸が決まっていると、理学療法士としてどんな転職先を選べば良いのかがわかってきます。

ちなみに、私の人生の軸は、「家族の繁栄(家族を大切にすること)と他者貢献・社会貢献のために生きる」ということを掲げています。

このように、明確に決まっていなくても構いません。

「プライベートを大事にしたい」とか、

「もっと仕事を頑張りたい」などなんでも構いません。

自分が大切にしたいと思う価値観を一度考えてみましょう。

 

STEP2: 自分の「転職の軸」を決める

「人生の軸」が決まったら、その人生軸に沿って今度は「転職の軸」を決めましょう。

また、なぜ自分が今回転職したいと思ったのか、転職して改善したいことは何なのかを明確にしましょう。

そして、これだけは譲れないという「転職の軸」を持ちましょう。

具体的なものは以下になります。

どんな理学療法士を目指すのか
整形疾患に強い理学療法士になりたいのか、それとも脳血管疾患に強い理学療法士になりたいのか。
また、急性期病院で働きたいのか、それとも回復期病院で働きたいのか。
医療分野で働きたいのか、それとも介護分野で働きたいのか。

どこで働きたいのか
地元が良いのか、それとも他に住みたいところがあるのか。
自宅からの距離はどれくらいが良いのか。

年収はどれくらいほしいのか
自分が望む収入はどれくらいなのか。

・人間関係
規模の大きい組織で働くほうが良いのか、それとも小規模な組織で働くほうが良いのか。

 

この「転職の軸」という考え方は、以下の書籍が非常に参考になります。

気になる方は、ぜひ手にとって読んでみてください。

 

STEP3: 4つの転職サービスに登録する

人生の軸、転職の軸が明確になったところで転職サービスに登録しましょう。

 

転職サービスを利用すると、面接日程の調整や年収の交渉まで行ってくれます。

 

そして、何より1人で転職活動をするのはおすすめ出来ません。

 

客観的な視点を持つためにも、必ず転職サービスを利用しましょう。

 

■転職サイト
マイナビコメディカル
PTOTSTワーカー
PTOT人材バンク
ジョブメドレー
※すべて無料

 

STEP4: 複数の転職エージェントと面談をする

上記の4つに登録すると、それぞれエージェントが1人ついてくれます。

 

その際、必ず複数社のエージェントと面談を行いましょう。

 

複数のエージェントと面談を行うことで、担当者との相性を確認することができます。

 

相性が良さそうであれば、そのまま継続し、悪ければすぐに別のエージェントに切り替えましょう。

 

STEP5: 面談内容を踏まえて、自分でも求人情報を調べてみる

エージェントとの面談内容を踏まえて、自分でも転職サイトを使って、求人情報をチェックしましょう。

 

自分で気になる施設や求人が見つかるかもしれません。

 

必ず、自分自身でも求人情報をチェックしてください。

 

STEP6: 応募→面接→内定

少しでも良いと思った求人を見つけたら、迷わずにどんどん応募していきましょう。

求人が出たら、早い者勝ちなところがあるため、あまり躊躇せずに少しでも受けてみたいと思ったら、とりあえず応募してみることを強くおすすめします。

 

おすすめ転職サイト4選

ここからは、各転職サイトの詳細についてお伝えしていきます。

私がご紹介する4つのサイトは理学療法士の転職サイトの中では非常に有名です。

それぞれに特徴があるものの、どこも、担当者の対応力、求人の量・質など、普通に良いです。

そのため、まずはマイナビコメディカル・PTOTSTワーカー・PTOT人材バンク・ジョブメドレーの4つに登録して、転職活動を進めていくのが良いかと思います。

 

マイナビコメディカル

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://co-medical.mynavi.jp/

転職サービス最大手のマイナビが運営するマイナビコメディカル。

面接の日程から給与の交渉まで行ってくれます。

また、面接の前には面接対策として、ビデオ通話で模擬面接も行っていただきました。

無理に転職を勧めたりすることはなく、親身に寄り添ってくれたことが印象に残っています。

とりあえず登録しておいて損はないと思います。

詳細を公式サイトで見る

 

PTOTSTワーカー

おすすめ度:★★★★

【公式サイト】https://ptotst-worker.com/

こちらも面接の日程から給与の交渉まで行ってくれます。

ただ単に求人を紹介するだけではなく、求人を出している背景やどのような職場なのか、詳しく教えていただいてことが印象に残っています。

希望に沿った求人を丁寧に紹介してくれます。

こちらも登録しておいて損はないと思います。

詳細を公式サイトで見る

 

PTOT人材バンク

おすすめ度:★★★★

【公式サイト】https://www.ptotjinzaibank.com/

こちらも面接の日程から給与の交渉まで行ってくれます。

自分が希望する転職先を幅広く紹介してくれます。

また、気になる求人について問い合わせると対応が早く、スムーズに求人の詳細を教えてくれます。

詳細を公式サイトで見る

 

ジョブメドレー

おすすめ度:★★★★

【公式サイト】https://job-medley.com/

ジョブメドレーは上記の3つの転職サービスとは異なり、自分で求人を検索して応募する形の転職サービスです

そのため、エージェントから電話がかかってくるようなことはなく、自分のペースで転職活動をすることができます。

自分のペースでじっくりと転職活動をしたいという方におすすめです。

スカウト機能もあり、求人を掲載している採用担当者からスカウトが届くことがあります。

また、ジョブメドレーを通して転職先が決まった場合には、お祝い金(1万〜1.5万円)を受け取ることができます

詳細を公式サイトで見る

 

【まとめ】

私自身の転職活動の経験を踏まえ、理学療法士として転職を成功させるためのポイントをお伝えしてきました。

自分の人生の軸・転職の軸を決め、今回紹介した転職サービスを使って転職活動をしていけばOKです!

本記事があなたの転職を後押しする内容となっていれば幸いです。

また、理学療法士から他職種への転職を考えている方は、以下の記事をご参考ください。

【経験者が語る】理学療法士を続けるべきか、それとも他職種に転職すべきか

続きを見る

 

本記事で紹介した転職サイト

-理学療法士
-,